大会概要

伊予市トライアスロン大会inふたみ ローカルルール(2018)

総則

  1. 本大会は、日本トライアスロン連合(以下JTUと略記)競技規則及び以下に定める「伊予市トライアスロン大会inふたみ」ローカルルールに従い競技を行う。
  2. 本大会競技ルールに定めない事項、事象が生じた場合はJTU競技規則を参照し、審判長が大会実行委員会競技部においてその取扱いを決定する。
  3. 安全第一を優先し、気象条件、その他の条件により競技性及び安全が十分に確保できないと主催者が判断した場合には、競技開始以前または、競技中であっても競技内容の変更または競技の中止を行うことがある。

ページの先頭へ

車検・バイクコース下見・競技説明

  1. 車検は実施しない。競技道具の整備は各自の責任であり、著しい整備不良や規格違反と判断された場合、競技に参加できない場合がある。
  2. バイクはロードレーサーを基本とする。(T字ハンドル、ピスト自転車は禁止)ヘルメットはJTU競技規則で定めるものを正しく着用する。改造、ひび割れなどのヘルメットの使用は認めない。
  3. 大会当日、会場付近やバイクコースにおいてバイク試走はできない。ラン及び徒歩による下見は歩道を使用し、交通ルールを遵守して安全に注意すること。
  4. 大会前日の競技説明会には、時間を厳守し必ず選手本人が出席すること。欠席、代理の場合は大会に出場できない。

ページの先頭へ

留意事項

  1. 競技中のみならず、大会期間中(受付日から、大会終了日まで)も、選手のバイクでの移動は「ヘルメット着用」を義務づけ、社会人、スポーツマンとして、違法駐車、一般車両・通行人に留意し「交通ルール厳守」とする。
  2. 大会期間中、指定場所以外での物(ゴミ、ボトル等)の投棄を禁止する。
  3. 仮装は、認めない。
  4. 適正なウェア、競技用具を使用する。2013年よりフロントファスナー付のウェアは禁止だが、やむを得ず使用する場合は、必ずファスナーを閉じて着用する。
  5. レースナンバーは、バイクでは背面、ランでは前面に取り付け、めくれあがらないよう4隅をとめる。レースナンバーベルト(2隅)の使用を認める。折り曲げや変造は禁止する。
  6. 途中棄権選手は審判員に申告し必ず、アンクルバンドを直接返却すること。紛失された場合は実費弁償とする。
  7. 制限時間及び関門時間(下記時間内でも競技運営に支障があると判断された場合、競技を中止させる)
    ① 9:40 スイム2周終了          ④ 12:00 バイクフィニッシュ
    ② 10:00 スイムフィニッシュ        ⑤ 12:40 ラン1周終了
    ③ 11:40 バイク5周終了          ⑥ 13:00 ランフィニッシュ
    ※第2ウェーブスタートは2分、第3ウェーブスタートは4分を加算

ページの先頭へ

トランジッションエリア①(海側)

  1. 選手、審判員、ボランティア以外の立ち入りは禁止する。
  2. 籠の中にバイクウェア、ランシューズ、レースナンバー等をセットしておく(スイムからトランジッションエリア②までの地下道の階段、商店街の道路、距離約500mあり、移動はランシューズを推奨する)。

ページの先頭へ

スイム競技 9:00~10:00 3周回

  1. ウェットスーツ着用(ゴム製5㎜を超えないもの)を推奨とする。泳力に不安のある方は、なるべくウェットスーツを着用し、自己責任で安全管理を行うこと。
  2. スイムキャップは、大会実行委員会が支給したものを使用すること。
  3. スタートエリアには、必ず入水チェック(アンクルバンド着用)を受けて入場する。スタート前にスタートエリアから退出する場合は、一旦、審判員にアンクルバンドを返却し、再入場の際に再び装着する。許可無く退出した場合は失格とする。
  4. 危険回避等でコースロープ、ブイ等につかまって休息できるが、これらを使って移動することはできない。
  5. 救助を必要とする場合は、頭の上で手を振るなどの大きなジェスチャーや大声を出して意思表示をする。
  6. スイムスキップ希望者は当日8:30までに申し出た者のみとする。(但し、大会記録、順位は残らない)

トランジッションエリア②(地域事務所前)

  1. 競技に必要な物のみ設置できる。但し、クーラーボックスは開口部A4サイズ以内とする。バケツ、椅子(折りたたみ椅子を含む)は禁止する。
  2. 選手、審判員、ボランティア以外の立ち入りは禁止する。
  3. バイク等の搬入を7:00から9:00とし、時間外の出入りは禁止とする。やむを得ず入場したい場合は、必ず審判員の許可・指示に従うこと。
  4. バイク引き取りを12:30から14:30までとする。バイク盗難防止の為、ボディナンバー及びレースナンバーとバイクステッカーを照合して引き渡すものとする。(車の乗り入れは禁止する。)

ページの先頭へ

バイク競技 ~12:00 6周回

  1. ドラフティング、ブロッキング(進路妨害)、センターラインオーバーを禁止する。警告を無視した場合、タイムペナルティー(3分間)を課す場合がある。
  2. 左側通行(キープレフト)、右側追い越しとし、二重追い越しを禁止する。ただし、危険回避の為やむを得ないときは、この限りではない。追い越しを行う場合は、「ひと声かけてから追い越しを行う」ことを推奨する。
  3. 緊急車両走行時は、減速し、左側徐行、または、指示に従い停止すること。また、いかなる場合においても緊急車両の追い越しを禁止する。
  4. バイク専用のボトルを使用すること。
    (ペットボトルの携帯は認めない)
  5. 周回管理は各自で行う。サイクルメーターを推奨する。なお、周回数が少ない場合は、失格となる。

ページの先頭へ

ラン競技 ~13:00 2周回

  1. 同伴フィニッシュは、他の選手の競技に影響がないよう配慮し、同伴希望者は審判員の指示に従うこと。

伊予市トライアスロン大会 in ふたみ フォトギャラリー

大会概要
開催日時
定員・参加資格
交通アクセス
お問い合わせ
レースインフォメーション
コース紹介
エントリーについて

伊予市トライアスロン大会 in ふたみ オフィシャルブログ

愛媛県トライアスロン協会


ページの先頭へ